山寺和尚のCD Album Collection List
へGo!

ホーム 不動尊祭典祈願札の申込み休眠中) photo
   
blog
from the death of Buddha to Bob Marley
大峯花供入峰
2017 photo
 
 大峯奥駈入峰2017写真
2017.07.19-23
本 尊 縁 起 歴 代 行 事 同行二人 詩 壇 リンク

『徒然日誌』 2002.11-2003.12 2004.1-6 2004.7-12 2005.1-6 2005.7-12 2006.1-6 2006.7-12 2007.1-6 2007.7-12 2008.1-12 2009.1-12 2010.1-12 2011.1-12 2012.1-12 2013.1-12 2014.1-12 2015.1-12 2016.1-12 2017.1-9

2017年11月19日(日) 晴れ
朝は冷え込んだけどいい天気になった。
昨日はとてもとても寒くて、なんだかやるせない一日だったが、今日はいい天気になる。境内の紅葉(黄葉)もほんとにいい。年賀状用の写真を撮った。10時半から一宮家の3回忌の法事。同級生のK君は昨日米袋を持ち上げてぎっくり腰になってしまったと、痛みをこらえながらの参加であった。秋はどんどん更けてゆき、川石がごろごろ転がるように何の特別なこともなく、ごくごく当たり前にもう間もなく61歳になってしまう。

2017年11月18日(土) くもり時々雨
一人で一人を見送る。
何ともさびしくわびしい見送りではあった。朝の明けは日に日に遅くなる。雨を予測していたが5時には降っておらず。暗い本堂に明かりをつけ勤行。朝食をとり、「わろてんか」見てから客殿で葬儀をする。いささか臭うので棺の上に渦巻き線香を焚いて置く。30分ほどかけて灌頂をし読経して故人を向こうの世に導く。1対1の葬儀は初めてだ。僕は扱ったことはないが、行倒れの身元不明の死者を弔うのはこのようなことであるのか。8時15分に葬儀社が霊柩車でやってきて火葬場に搬送する。火葬場の職員にも棺を運ぶのを手伝ってもらい室内に運ぶ。状態が悪いとのことなので棺の蓋などは開けることなくそのまま炉に。葬儀社に昨日からの搬送、葬具一式の支払いを済ませいったん寺に戻る。とても寒い寒い日。10時半に骨を受取りに行き、女房と墓地へ行き納骨して花を供え焼香し経をあげる。これで終了。あっけなくもさっぱりと終ってしまう。時々落ちてくる雨粒と空だけが悲しんでくれているようではあった。明日の法事は寒い日になりそうなので、客殿にファンヒーター用意する。岡林信康の「君に捧げるラブ・ソング」が胸にジーンと沁みる。

2017年11月17日(金) 晴れ
耕す。
畑6畳分ほどをスコップで掘り起こし、午後から管理機で耕した。久しぶりに外で汗を流して気持ちがよかった。最後にサニーレタスの苗を移植した。あまり収穫のことは気にかけていない。畑を全くの雑草地として放っておくことも気になる。ちょっとでも畑として残して役割をさせてあげたい。そんな程度の気分。
午前中檀家のSさんが亡くなったことを、地元の民生委員からの電話で知る。奥さんと二人暮らしでご主人が亡くなった。死後数日経過していたようで警察で検死して、今日帰ってくるとのことで寺に連絡があった。11時過ぎに団地を訪ねると、多分認知症が始まっている奥さんは、ほぼ僕らの応対ができない。夫が死んだということすら理解できていない。もうすぐ帰ってくると話すと、昼飯の準備をしなくちゃといった具合だ。ほとんど近所付き合いもなく、結局警察署から遺体は寺の客殿に運び安置した。死亡検案書には「死後10日程度経過と推定」とある。棺に納めて運んでもらったが、だいぶ傷みも激しいようだ。結局ほぼ一人とされお金も預かり、明日火葬して納骨することにした。墓は20数年前に建ててあるので、このことだけはよかった。墓も開けてみたが多分一人で納骨もできそう。戒名も付けたので、明朝一人で葬儀の経をあげ送ってあげることにする。
キタキタキターーーー!YAZAWA命の修験者から。「トランポでーす!」「永ちゃん最高!武道館もいいけど、地方の小さい箱もいいねぇ!」♪
トランポ

2017年11月15日(水) 晴れ
新潟じゃ今夜矢沢のコンサートがある。
新潟に住む年下の友人は今夜矢沢のコンサートに行くのだ。それにあわせいかしたスーツも新調して写真を送ってくれた。夕方になり、会場の新潟県民会館へ向かっている頃だろうか。かっこいいなぁ。僕も矢沢は好きだ。たくさんは聞いたことないけど、キャロルを解散しソロになったころのアルバムは何枚か聞いたし持っていた。いまは手に入れたmp3を車の中で聞いている。矢沢と一緒に会場で汗ほとばしらせる山アさんの姿が目に浮かぶようだ。
日曜の法事の準備をしたり頭を刈ったりする。

2017年11月14日(火) くもり
今日はまた寒い一日になる。
朝からどんよりとし雨が降ったりやんだりしていたが、午後4時を過ぎてまた降りはじめている。大相撲でまた不祥事だ。日馬富士がモンゴル出身の後輩力士を、巡業中の宴席でビール瓶で殴り、その力士は今場所休場している。道理で初日から連敗したわけだ。今日から横綱も休場となる。日馬富士は割と応援してきた力士で、真面目そうなところがよかったのだがちょっとがっかり。ひょっとするとこれで力士生命も絶たれるかもしれないような大事件ではある。底冷えのする寒い一日に余計寒い事件だ。

2017年11月13日(月) 晴れ
大相撲始まる。
昨日から今年の最後の旧場所が始まった。安は帰ってきたが鶴竜、宇良は連続休場。そして初日今日と横綱日馬富士は連敗。稀勢の里は昨日負けたが今日は星を拾ったような勝ち。あー今場所もしまりのないはじまりで先が思いやられる。横綱がもうピークを過ぎているので、若い下位の力士にとっては下剋上の好機には違いないのだが。
新年檀家に配るお札を作る。檀家も少なくなってきたし、作るのもそんなに苦にならなくなってきた。落語聴きながら午前中とお昼過ぎの2時間ほどで終了。

2017年11月10日(金) 晴れ
山下洋輔New York Trio。
桜座で夜、山下Trioを聞く。2年ぶりの桜座。今年で結成29年目。来年の30年に併せてすでにニューアルバムのrecordingも済んだという。ドラムのフェローン・アクラフは僕より一つ上で、ベースのセシル・マクビーは80を少し越えた。山下さんは70代であるから、もう十分な落しの方々ではあるが、熱い演奏を前後半1時間ほどで堪能させてもらった。前回より観客数は減っていたみたいだけど、これはこれで仕方のないこと。第2期の山下洋輔Trioを生で聞いてから40年が過ぎているのだから。甲府の中心街へ行くことなんてほとんどない。桜座に行ったときくらいしか歩かない。1月に「浅川マキ上映会&LIVE」が予定されていて、金子マリが歌うようなので次回はそれに行ってみようと思う。

2017年11月9日(木) 晴れ
交通安全祈願一件。
午前中から少し強い風が吹く。飯富の土橋さん夫妻、交通安全祈願に見える。軽い接触事故が2度も続き、車が修理から帰ってきたのでお祓いをしてくれとのことであった。お布施と一緒に新米もお供えしていただいた。年越しの護摩にも来るといってくれたのでうれしかった。

2017年11月8日(水) くもり
年末の仕事を始める。
秋山家のも含めシメを切る。護寺会通知なども印刷する。一日曇り日。時々雨が落ちるも寒くはない。昨日が立冬。年末にする仕事を始める。YpuTubeで古今亭志ん朝を聞く。

2017年11月5日(日) 晴れ
秋天好日。
午後の陽ざしが山々の紅葉をあたたかく映し出してくれる。いい景色だ。朝はだいぶ冷え込んだ。午後甲府:玄法院ご住職来山。責任役員任期更新の件で。30分ほど宗務所のことなどの話をして帰る。来年の宗務所会議の時に役職交代ということにした方がいいという話になる。

2017年11月4日(土) 晴れ
あたたかくなる。
11時より八王子:森家の葬儀。遺族親族18名が集まる。昼過ぎには半袖でもいいくらいの好天気になる。八王子ではお別れの会のみとなっていたため、今日あらためて葬儀をする。今後、遺骨を納める場所をどこにするか、大聖寺の檀家になるかなどは未定。遺骨もまた持帰っていただく。それでも奥さんもお子さん方も、葬儀を行えたことをよろこんでくれたのでこちらもこちらも佳い日となった。

2017年11月3日(金) 晴れ
イバンカ基金に57億円拠出?
安倍チンて女好きなのか。まあ皆そうかもしれないが、あまりにも突拍子もないことと思わずにはいられない。トランプの娘が来日して、彼女が設立メンバーでもある「女性起業家を支援する基金へ約57億円の資金拠出を約束した。」いう。内閣を再スタートさせ、有頂天にいるのだろうが、57億という額を聞かされる国民としてはあまりお穏やかに喜ぶ気持ちにはなれない。貧困にあえいでいたり、保育所を待ちをしていたりと、生きてゆくための最低のことが支援されない圧倒的多数の国民が居るのに、アメリカ大統領のちゃらちゃらした娘がやってきて笑顔を振りまいただけで「57億」約束させちまうのだから。安倍の唱える「美しい日本」には明日の食にさえ困っている貧困層の生活は北朝鮮が報道しない影の部分と同じようなものなのか?こういう人に政治を任せるということは厳しいいばらの道だなぁ。
午後本山から電話がある。「K院が転派したいことを宗務所は知っているか?」と。「もちろん」と応える。朝、督促のはがきを投函したところへこの電話だ。きっと直接本山へ電話して、トップ間交渉をしたのだろう。R院のことも訊かれるがこちらの知る限りのことを話すと、「ここも解散に向けた手続きをしてもらうようになるかもしれない、ついては宗務所長に代務者になっていただいて手続きに入ってもらうようになる」とのこと。「え?」であるが、本山から書類でも来たら考えることとしよう。

2017年11月2日(木) 晴れ
夕べは十三夜のいい月が見られた。午後あたたかくなったので裏山を歩き、柴燈護摩の小木用の木を採ってきて作る。ついでに百八支一把など作る。外が気持ちの良い秋の日。土曜日の森家の法事の準備もする。督促をしても宗費を送ってこないところがあり、毎年おんなじ寺だ。結局10月中に送ってはこなかった。毎年同じことの繰り返しで何とか円満にお付き合いをぜひ願いたいものだ。もしこれを確信犯的に納入を遅らせているんだとしたら、こっちは不愉快極まりないのね、ホント。明日はがきで督促する。

2017年11月1日(水) 晴れ
命日。
先代の命日。ちょうど今日で20年経ったことになる。朝は寒くなったが日中は十分な陽射しがありあたたかくなった。紅葉にはちょっと早いような気もするが、東の空には薄青の空の中に白い月が昇っている。今夜は十三夜だ。いい月が眺められそうである。午後定期検診に行く。

2017年10月29日(日)
一日じゃんじゃん降りだ。
身延線の一番早い時間のふじかわ号で妻と娘は義兄とともに2泊の京都旅行に出かける。今日はもう一日ダメだろうけど明日の午後くらいからは天候も回復してくるはず。こちらも一日土砂降り。夕方になっても雨足は衰えない。秋の天皇賞も雨の重馬場。大学女子駅伝も雨の中。10月の週末は悉く雨で、観光地は稼げなくて泣いている。本堂の護摩壇の掃除も今日はあきらめて、一日テレビを見たり音楽を聞いたり。寺を訪ねてくる人も今日はなし。醍醐寺を見学するといっていたが無事行けただろうか?「山梨から来たといえば案内してくれるかもな」と言ったが、果たしてどうだったんだろうか?

2017年10月28日(土)
28日。
昼食後に例月の不動護摩。朝から雨で寒い日。秋が深くなる。もうすぐ11月。汗をかく護摩からなんか火が温かく、お不動様の慈愛を感じるような護摩に変わってゆく。今日も雨の中を上野原から若菜さん母子参座してくれる。なんと今日は「My線香」を持参であった。帰りに近所の檀家からいただいた枝豆を少し持っていって貰った。

2017年10月27日(金) 晴れ
今年最後の草刈りをする。
刈払機に燃料が少し残っていたので、使い切ってしまうために境内、畑の草刈りをした。すぐに停まるだろうと思っていたが、なかなか少量でも粘って動いているもんだ。刈るところが無くてあっちこっち歩いたり畑の少し伸びはじめた草を刈ったりでやっと使い切って停止。今年の草刈りも事故なく終了。また来春である。明日はまた雨になるというので、女房は午前中先日の台風の風雨で落ちた落ち葉や枯れ枝の掃除。僕も草刈りの後墓地の参道を竹箒で掃く。西の山に落ちてゆく優しい秋の陽を休みながら見る。10月も間もなく終わりで、明日は例月護摩だ。

2017年10月26日(木) 晴れ
訃報。
遠藤賢司の訃報が今朝の新聞に載っていた。たまたま昨日、Yahooで入院したことを知ったところだったので、まさかもうこんな風に知るとは思わなかった。加川良もそういえば今年亡くなったのだった。高校時代からよく聴いていた。レコードからCDへと様変わりしていく中で、エンケンの「満足できるかな」も買い換えたのだった。最近は聴く機会もなかったが、あしたから少し聴きかえしてみようかと思う。夕のお勤めで冥福を祈った。昨日雨で今日は晴れ。客殿に炬燵をたてた。今年の冬の初めての暖房を朝入れた。今朝は富士川からの霧がとても深く濃く出た。いよいよ寒くなって朝がつらくなってくる。青春時代にあこがれた歌い手たちがちょっとずつ鬼籍に入っていく。お湯割りを飲む。

2017年10月24日(火) くもり
気温上がらずちょっと寒い一日。
昼過ぎに東海師が新しいバイクでやってきた。ほぼ半年ぶりの再会。だいぶ仕事も大変そうである。仕事も家のことも背負う年齢で今が一番きつい時期なのかもしれない。あわただしく20分ほどで帰ってゆく。もしかしたら大晦日に来てくれるかも。八王子の森家から11月4日の法事の件で連絡ある。客殿に絨毯を出す。夏の衣を仕舞う。あたたかい日を期待したが今日は裏切られ一日薄曇りで寒い。Pink Floyd聴く。夕暮れ早くなる。

2017年10月23日(月) 晴れ
終日風つよく吹く。
朝にはまだ少し雨が残った。風が強く吹き荒れた。選挙の翌日の新聞は薄い、今朝も。町議会選挙の結果を確認する。地元のM候補は2位当選。1名の落選なのだが、高校の同級生の現職Kが最下位となんと1票差で落選。1票に泣くというやつだ。久しぶりに青空見えて気温も上がる。お昼ご飯を食べてから頭を刈り、鰍沢警察署へ運転免許の更新手続きに行く。明るい日になったので、目の調子も良く視力検査も一発合格。交付は一か月後とのこと。ツワブキ開きはじめる。ツワブキ

2017年10月22日(日)
台風。
朝から強い雨。明朝にかけてさらに強まるという。衆院選投票日。ここじゃ併せて町会議員選挙も。娘は高校時代のテニス部の同級生の結婚式に昼前に出かける。雨が強くなってきたので、昼前に本堂を閉める。外に出たのでそのまま伽藍周辺を見回り、水路の詰まりなども確認する。参道を水路の一番端まで行くと、ちょうど町会議員候補の事務所から候補が出てきたところで呼ばれる。選挙当日なので事務所には候補以外誰もいなく閑散としている。投票が終わって開票結果が出るまで一日が果てしなく長い。蜜柑と栄養ドリンクをいただく。テレビでクイーンズ駅伝の予選会の「プリンセス駅伝」を見る。福岡県宗像市で行われ、ここも台風の影響で時折雨があり、強い風が吹き荒れた。女子駅伝で、小さな選手は体が大きく風に揺さぶられるような厳しいレース。今日と明日、獣除け門扉の開閉当番。8時過ぎて選挙終るとすぐにテレビでは当確が次々と出る。予想していたような悪い結果になる模様。自民党の圧勝だ。これで、安倍独裁政権の爆走が再び加速する。憲法改正もいよいよまな板に乗るかも。町議会の結果はまだわからない。僕は深夜まで身体が持たない。

2017年10月20日(金) くもり時々雨
出かけてみる。
今日の天気は曇り小雨ぐらいの予報で、また明日からは雨になり、台風も近づきそうな週末なので、新聞に出ていた今日から始まる「台ヶ原宿市」へ行ってきた。平日にもかかわらず結構な人出。傘をさす心配もなく、通り沿いの店や、酒蔵「七賢」のなかに出店しているたくさんの骨董屋を二人で見てまわった。僕は梵字のア字の刻印された、高坏様の直径6センチほどの陶器5個セットを求めた。

2017年10月19日(木)
冷たい雨朝からずっと。
一日降り続いている。昨日の晴れ間はなんと貴重な時間だったのだ。網戸洗いにそれを有効に使えてほんとによかった。炬燵を立てる。もぐって本を読む。映画を見る。運転免許更新を知らせる通知が届く。今月中に行ってみることにするか。

2017年10月18日(水) 晴れ
網戸を洗う。
久しぶりに晴れ間が見え陽が射す。ゴロゴロしているとあっという間に一日が終わってしまうので、「わろてんか」見てからすぐに行動を開始する。網戸を洗って仕舞おうと今日の予定を立てる。建物ぐるっと36枚の大小様々の大きさの網戸。全部外し庫裏の玄関前にまとめて置き、高圧洗浄機ケルヒャーを用意する。軽く洗剤を霧吹きで吹いて勢いよく高圧洗浄水を吹きかけて汚れを落とす。11時過ぎに終了。乾いた順に客殿奥廊下と土蔵にしまう。気温も上がり十分さ陽射しもあってまさに網戸洗い日和になる。今日を逃せばまた雨になって来週以降になってしまうところだった。これでひとつ済んだ。一息ついて昼前に期日前投票に役場へ行く。何人も来ていて10分ほど待たされてから投票する。国政選挙に行くのは何年ぶりだったか思い出せないくらい久しぶり。国政後、町議会の法の投票も済ます。

2017年10月17日(火) くもり
町議会選挙始まる。
雨降りの朝。うちの駐車場にも朝から候補の事務所開きと出陣式に参加する人たちの車でいっぱいになる。冷えているから、外の便所を使う人も途切れないほど。うちでは今日予定があるので出陣式も関係なし。10時から調査が始まり、昼食休憩をはさんで午後2時に終わる。まあ終わってホッとする。午後3時過ぎ雨あがる。明日は天気がよさそうだが夕方には再び崩れるとの予報。

2017年10月16日(月)
お祓い。
朝8時に、明日告示される町議会議員選挙に出るM候補の事務所のお祓いに頼まれてゆく。雨が降り続いている。寒い。先月28日に護摩を焚いて今朝まで祈願しておいた「必勝」の祈願札もにわか作りの神棚に供えてもらう。明日、10時からある調査に来ることになっていてそのための打ち合わせを50分ほどする。雨降り続きとてもとても冷えて寒い。

2017年10月15日(日)
山ア師は午前中早くに新潟へ帰る。
あわただしく夜の飲み会を楽しんで山ア師新潟へと帰る。次会うのは、うちの不動尊祭典か、大峯花供になるか。いずれにしても来年だ。八幡神社の秋祭りも雨で子供神輿は中止。雨の中を枝豆には車、何台か収穫に来ている。夕べの酒がたたり家に帰ってきてほぼ死んでいる。

2017年10月14日(土) 小雨
山ア師来寺。
朝から降ったりやんだり。そんなに大した雨ではない。9時ごろから、Mさんだちの枝豆収穫体験に参加する家族連れの車、寺の駐車場に次々とやってくる。去年の初日はジャンジャン振りだったけど今日の程度では大丈夫のよう。12時半過ぎに新潟の山ア師到着。3ヵ月ぶりの再会。新米やらたくさんお土産を持ってきてくれる。感謝。夜甲府で飲み会があるので、彼の希望通り、本堂でゆっくりとお勤めをし、3時に家を出る今夜は甲府泊まり。5時からいつもの「七賢」で醍醐の人たち+明王寺ご住職という8人で始まる。七賢のマスターは今夜もいつも通りにサービス満点。気持ちよく起きの夜長を飲む。いいメンバーだ。シメはカラオケ。今朝のサンニチに荒澤社長新事業を始めるということで紹介されている。

2017年10月13日(金)
昼過ぎから雨になる。
なかなか降りださなくて昼過ぎになって本格的に雨になった。天気予報は当たる。午後になってから気温も下がりはじめた。台所の今の夏用の茣蓙シートをしまい、冬用のカーペットを出した。新潟の山ア師より、明日午後1時頃着予定とのメールある。貴永さんからは明日の夕方からの件のメールが入る。明日もどうせ雨だ。「七賢」で熱燗というのもいいかもしれない。明日明後日で、枝豆の収穫体験を予定しているGさんたちは、去年同様に雨にたたられてしまうのか。去年は翌日は上がったが、今年の予報は火曜くらいまで雨だ。

2017年10月12日(木) 晴れ
今日も暑かった。今日までのようなんだが。
暑いのも今日までで今夜遅くから来週初めまで天気は雨模様になるようだ。今日も暑かった。エアコンのフィルターを洗う。T工房からブレスレット添付用のご朱印を5枚頼まれる。ブレスレットの注文があって送ると、気に入らなかったと商品のみ返送されてきて、ご朱印が返ってこないのが数件あったそうである。このちゃっかり行為の裏にはブームというやつだな。今年はうちにもご朱印を貰いに良く来る。午後5時を回って風も少し吹き、だいぶ涼しくなってきた。隣から枝豆いただく。女房と娘は日帰りで東京へ買い物に行く。発泡酒を買いに河内屋へ行ったら、店内がほぼ空洞化し商品がほとんどない。訊いたら「今月末で閉店」とのこと。酒も、隣りのセルバでも薬屋でもほぼ安売りしているから、酒しかない店はもうがんばれないのかもしれない。たまには外に出ないと世の中の動きがわからないのを実感。

2017年10月11日(水) 晴れ
葬儀助法。
正午から不動寺の葬儀の助法。今年は不動寺の葬儀が多い。叔父もビックリしているくらい。僕にとってはありがたいこと。暑いので夏衣を持っていく。ホールの中は冷房が効いていたが、やぶ蚊が紛れ込んでいて何度か頭を刺されてかゆくてならなかった。おまけに帰りには、僕らの葬儀前に来ていた他宗の僧侶が僕の草履を履いていってしまい、ホールのスリッパを借りて帰ってきた。ということで今日の暑い一日は終わった。

2017年10月10日(火) 晴れ
暑い日連発銃。
午前中除草剤を散布する。暑くなる。緑のカーテンも片付ける。来年はもう緑のカーテンは卒業したい。網目のカーテンから朝顔の蔓を取っていくのがほんとに手間だ。今年は焚火の中に網ごと投げて燃してしまった。午後は映画読書。常葉の池田さん、民俗資料館を見せてほしいと訪ねてくる。衆院選始まる。投票所入場券配達されてくる。

2017年10月9日(月) 晴れ
今日も暑い。
なんという暑い日の連続攻撃。午前中、松の剪定した枝やら片付け、桔梗とカンナも終わりなので刈って片付ける。百日紅の枝も切る。午前中いっぱい働いて午後はのんびりとする。秋山さんから4時少し前に電話が入り、枝豆が詰め終ったと。この二日ほどの好天で一気に豆が膨らんだようだ。女房がスーパーから買ってきたものと比べてみると豆の大きさが断然久成産の方が大きい。今夜食べるのが楽しみ。関係者の所にクロネコ便で送る。

2017年10月8日(日) 晴れ
暑い暑い暑い暑い日になる。
今日は朝から気温もぐっと上がり、7時半から午前中地区の秋の環境整備作業があり、沢の土手の草刈りなどで汗も大量にながした。タイトルも暑いを4度繰り返し、「生まれ生まれ生まれ生まれて生のはじめに暗く 死に死に死に死んで死の終わりに冥し(くらし)」風にしてみた。
新潟の山ア師より、「NHK放送番組のご案内です。10月9日(月曜日)午後6時5分〜 にっぽん紀行『わたしの奥駆道をゆく〜奈良 山伏修行〜』がドキュメンタリーで放送されます。」とメールが入る。何かここのところ奥駈道やら、大峯を扱った番組が多いように思う。それからちょっと前には、NHKの「日本人のおなまえっ!」って番組で鬼の付く名前で、前鬼小仲坊の五鬼助義之さんが出たりして、奥駈修行が懐かしく思い出せたりもした。午後4時を回って暑さも引いてきて、すこーし風も感じられるようになった。

2017年10月7日(土) 晴れ
法事あり。
天野家の法事が11時からある。夜半にだいぶ雨が降っていて気になっていた。4時少し前に起きて5時過ぎに本堂へ勤行に行くとき、ほんの少し雨があったのでこのままあがってくれるかなと期待したが、6時過ぎにまた少し降りはじめた。それでも8時ぐらいには雨が止んで、植木職人さんも来て仕事を始めてくれた。青空が見え始め陽が射し、法事の時間になるころには暑いぐらいになる。冬の衣を着ようかと朝出したが、思い直して夏衣で法事をする。納骨の手伝いに来てくれていた石屋さんも作業がしやすくてよかった。法事の皆さんが帰った後女房と二人で片付け掃除をする。トイレもきれいに掃除しさっぱりとする。

2017年10月6日(金)
昼前から冷たい雨になる。
庭木の剪定の職人さんも雨が落ちてきたので昼前に仕事を切り上げる。寒くて長袖のジャージを着た。庫裏のユニットバスも仕上がり洗面所も新しくなり熱い湯も出るようになる。ほぼ3か月ぶりに使えるようになった。明日天野家の七七日忌の法事があるのだが、納骨もあるし、11時頃には雨やんでほしいもの。

2017年10月5日(木) くもり
冷える。
この秋一番の寒い朝になる。4時少し前に起きたが、半袖の肌着を着て靴下を履いた。日中は少し気温も上がり晴れ間も見える。昨日刈った畑の草を一日かかって片付けた。深く青い秋の空に草の煙が登ってゆく。空は一点の曇りもなく透き通った青さだ。政治家どもの保身に邁進するような汚らわしさはない。理念や政策まで曲げて、「希望」の公認を得た民進党の候補たちは、まさに「小池百合子と喜び組」の醜さだ。公認を得るため「希望」の踏み絵にサインした輩は、じゃ、今まではなんだったんだとなってしまう。「希望の党」なんて在り来たりの党名でなく。「小池百合子と喜び組」って党名の方が絶対受ける。

2017年10月4日(水) くもり
草を刈る。
参道両側の畑の草を刈る。6時半過ぎから午前中いっぱいかかってほぼ刈り終える。これで今年は畑は終了。あと、草を片付ければいい。緑のカーテンもボチボチ終りとしなければならない。網戸洗いも天気のいい日に今月中にしてしまおう。ひさーしぶりに喜多郎をかける。

2017年10月3日(火) 晴れ
暑くなる。
夜雨が降ったが朝には止んでいて、午前中から今日は気温が上がり、「暑いな」という一日になる。今日から毎年来てもらっているKさんに庭木の剪定に入ってもらった。松の葉が整えられてさっぱりとしてゆく。畑の草刈りをしようと思っていたが、暑くなったのでやめた。それで家の中の片づけを少しして、出たごみを衛生組合に運んで焼却炉に投げ込んできた。午後読書した後、庫裏の北側のサッシの戸を拭く。完全な仕上がりまでにはなっていないが、あと電気屋さんが来てボイラーのスイッチなどを新しいユニットバスの入り口に移動するなどである。夕のお勤めをしている最中に山ア師より電話が入り、終わってから連絡する。「10月8日(日)、TBS世界遺産という番組で、大峯の奥駈道をやるので見るように」とのことであった。TBSのサイトを見ると、赤い梵天袈裟を着けている方たちが映っているので、本山派の奥駈けに同行取材したのかもしれない。
ちょうど連絡を入れようと思っていたので、14日のこと話すと、14日お昼過ぎくらいに家までくるということなので、夕方には甲府へ行けることになる。

2017年10月2日(月) くもり
午前中竹林の周りの草を刈り、枯れ竹や折れ竹をノコギリで切って片付ける。秋は草の実がズボンについて嫌なものである。それに藪蚊も多い。これがまたひどくかゆくなる。28日以後混沌としている中で、自民党は衆院選の公約のひとつに「自衛隊の根拠規定追加など4分野を中心とする改憲」を明記するという。いよいよ安倍も自身の思いのたけを爆発させんと動き出す。選挙なんてどうでもいいという訳でもないが、安倍も小池も同じなんだから、彼らに異を唱える勢力をなんとか勝たせてあげたいと僕は祈願します。雨が少し落ちたが一日曇り。庫裏の水道工事もいよいよ終盤。小さなユニットバスも完成。山アさん、いつでもお迎えできますよー。「赤い月(下)」読み始める。
深まりゆく秋を、Sonny Clark、Hprace Parlanのピアノなど聴いている。

2017年10月1日(日) 晴れ
終日冷たさを感じさせる風吹く。
もう涼風というには適当でない。網戸を開けておいても、吹き込んでくる風に「窓閉めようかな」と思わせるような風。昨日も今日も霊場めぐりの人あって御朱印を書く。ほぼ毎週だここのところ。
辻元は、一応小池希望に「NO」と参加しない姿勢を見せた。無所属などと云わずに、古巣の社民にもう一度入れてもらいな。でも社民はもうほぼ票が取れないからなぁ。蓮舫ちゃんなんかどうすんでしょね。この解散て、結構話題性に富む選挙になると思うけど、小池か安倍かみたいなところに落ち着くんだとしたら、結局波静かに漂うで終わりになってしまう。